So-net無料ブログ作成
検索選択

来年は穏やかな年でありますように [男鹿市]

R0001783.jpg
 豪雨等々、今年の秋田県は自然災害に遭い散々でしたので、来年は穏やかでありますように

 大みそかの午前、寒風山の様子。とても穏やかな晴れ。道路の雪も解けて車は走りやすいんだけれども、ナマハが練り歩くには風情がないと言いますか・・・。


 タイトルは変わりましたがこちらで引き継いでいこうと思いますので、今後もよしなに。
photo life 秋田
 写真のアップロード等々、ソネブロは重いので(使用容量も関係しているのかも?)切り替えてみようと思います。

冬鳥来訪 [大潟村]

IMGP0378.jpg
 先日の新聞を見て、大潟村にヒシクイやハクガンが来訪していることを知りました。
 さっそく探してみたら、ヒシクイの群れは発見したもののハクガンには出会えず。

 大潟村もかなり広いので、見つけること自体が大変なのですが、諦めずに探し回りたいと思います。

一年を振り返る [日記]


 今年も年の瀬が近づいてきました。このブログも皆様のご訪問に支えられなんとか一年過ごすことができそうです。ありがとうございます。

 今年の出来事といったら7月から始まった海フェスタ関連、一年を通して藤里町町制施行50周年記念事業という2大行事のおかげでできうる限りの更新頻度を保ちつつここまでやってこられました。特に藤里町にはかなりの頻度でお邪魔し、勝手にあるもの探しをさせていただいた次第。豪雨の影響で岳岱でのアカショウビン探し等できなかったこともありましたが、横倉集落の景色が新たな発見でした。藤里町で出会った「男鹿っ鼓」に感動して演奏会にも行きました。
 夏からはトンボに凝り、休日は望遠レンズとマクロレンズを持って撮影地へ向かうことが標準仕様になりました。
 通常、私のブログですと記事あたり100~200閲覧なのですが、8月~10月にかけてのトンボ記事あたりから400~800閲覧に急上昇。その後通常状態に戻りましたが毎日述べ500人ほどの閲覧をいただいております。
 
 ブログ容量も960MBと上限が近いことから、来年1月からは新たなブログに場所を移してみなさんとお会いできればと思いますので、引き続きご愛顧のほど、よろしくお願い致します。

新ブログは近日公開。

しょんぼりノスリ [大潟村]

IMGP0380.jpg
 エサが取れなくてしょぼくれてるのかな。

 トンボの季節が終わって、イルミの季節!というわけでもなく、これからは冬鳥の季節です。
 大潟村や能代市は渡り鳥の飛来地として見どころたくさんですから、望遠レンズ持って日々出かけたいと思います。

丸い虹 [男鹿市]

R0001714.jpg
 昨日の午後ですが、太陽の周りにぐるっと虹が見えました。
 初めて見たのでビックリしましたが、もうちょっと陽が高い時間帯だとまんまるな虹が見えるのかな~。ちょっと楽しみです。

ちょっと早いサンタがやってきた。

R0001681.jpg
 家に帰ったら、何やらリコーよりでっかい荷物が届いてました。

 身に覚えがあるのはこちら
 抽選で総計1000名に当たるというオリジナルバッグでしょ、きっと!第1回目は11月末で締め切ってたので、500名の中に見事入ったという幸運。早速開封してみました。

続きを読む


冬の峨瓏峡を歩く [藤里町]

R0001649.jpg
 日曜日の男鹿市は気温1℃、体感気温マイナス10℃との予想されるほど暴風雪に見舞われましたが、こんなときこそ猿に出会えるかも?と藤里町の峨瓏峡に行ってきました。

R0001634.jpg
 早くも岩肌から流れる水は氷柱でびっしり覆われ、足元の雪も深く難儀な道のりでした。
 時折吹く風によって枝に積もった雪が頭上に落ちる中のトレッキング。今頃なら熊も冬眠しているだろうと、進んだことのない奥地まで行ってみることにしました。

R0001638.jpg
 林業の盛んな藤里町。昔の橋げたなのでしょうか、ぽつぽつと名残がありました。

R0001643.jpg
 高山山頂まで2kmの標識地点まで進みました。ここから先はさらに雪が深く、スノーシューが必要なほどだったのでここで引き返すことに。すぐそばに、駐車スペースと思しき場所もあったのでここまでなら車で来れそうです(冬は無理ですけれど)。
 途中、水芭蕉群生地もあるようですし、見ごろの時期にまた訪れてみたいと思います。

R0001645.jpg

R0001648.jpg
 峨瓏峡は視界の左右を奇岩が続いています。奇岩のちょっとした隙間から伸びる杉の木の生命力のすごさに驚きました。


 帰りに、先日お伝えした麺屋カミカゼの4杯目のメニュー、辛辛みそラーメンを食べてきました。通常のみそラーメンと同じでショウガの効いたスープがさらに真っ赤になるほどの見た目。もうこれは激辛でしょと思いましたが、食べたあとにクチの周りがヒリヒリするくらい辛かったです。お酢を入れるとちょっとマイルドになりましたが、まだまだ辛い。自信のある方はぜひ食べてみてください。
タグ:峨瓏峡

電子りんご



電子りんごってなんだ? iPhoneアップル















R0001621.jpg
 いえいえ、電子りんごという名前で売られている、食べられるりんごでした。

一直線に伸びる雲 [能代市]

R0001618.jpg
 飛行機雲にしては低高度な気もする、まっすぐ伸びる不思議な雲。なんだったのだろう。

麺屋カミカゼ [能代市]

R0001615.jpg
 道の駅ふたついの向かい側、きみまち坂の近くにあるラーメン屋さん。
 席はカウンター12席、50食限定のこぢんまりとしたお店ですが、御昼時には行列が絶えません。
 味噌ラーメンは生姜の味がピリリと効いた濃厚なスープ
 醤油ラーメンは魚介だし(煮干し?)ながらも酸味がなく、最後までスープを飲み干せる絶妙な味。

 まだ2回しか訪問したことがありませんが、心の底から美味しい! と言えるラーメン屋さんです。
 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。