So-net無料ブログ作成
検索選択

日本丸のセイルドリル [男鹿市]

DSC00072.jpg
 2週間の海フェスタ期間で、貴重な晴れの週末となったこの日、日本丸のセイルドリルが行われました。
 会場では帆船型の凧を揚げる方もいらっしゃり、注目の的となっていました。

DSC00074_1.jpg
 笑顔が見られます^^
 寄港地で公開するわけですから、快晴なら生徒さんたちも一層やりがいがあるのではないでしょうか。

DSC00079.jpg
 甲板から40m以上もある高さを上っていく様子はドキドキします。乗員の方は小走りに上っていくのでびっくりです。

DSC00083.jpg
 どこのマストかというと

DSC00084.jpg
 一番手前のてっぺんで、じゃぁどのくらいの高さかというと

R0000701.jpg
 4本あるうちの一番手前のマスト
 これを裸足で上っていくんです!

DSC00086.jpg
 5本目のマストといわれるのが、船首のバウスプリット

R0000715.jpg

R0000711.jpg

R0000710.jpg
 帆を張ることを展帆(てんぱん)、たたむことを畳帆(じょうはん)というそうです。
 日本丸のロープをすべてつなげると、なんと30kmにもなるそうです!
 3本のマスト(手前からフォアマスト・メインマスト・ミズンマスト ※4本目はジガーマスト)には上から1-2-2-1で6本のヤード(横帆を張るための横に伸びた棒)がそれぞれあって、帆は
   1番上のヤードから帆をおろす(正しい表現なのか不安です)
   2番目の「ヤードを引き上げて」張る
   3番目のヤードから帆をおろす
   4番目の「ヤードを引き上げて」張る
   5番目のヤードから帆をおろす
   6番目のヤードから帆をおろす

 で、メインマストの下から3番目のヤードをアッパートップヤードといって、この重量がなんと2t! これをみんなの人力で引き上げるわけです。

 この訓練はなんと航海中の海上でも実施されるそうです。

 この翌日、一般公開もありましたが、前回船川港に寄港した時とちがい、船内の様子は見学できず、甲板上の公開でした。

 写真の枚数が多くなりそうでしたので、予定を変更して日本丸のセイルドリルをお伝えしました。
 次回、海王丸と海洋調査船なつしまの様子をご紹介したいと思います。

海上保安庁巡視船「ざおう」 [男鹿市]

第2管区海上保安本部所属 つがる型巡視船4番船「ざおう」
R0000645.jpg
 最大船速は時速約43km、乗員69名とのこと。詳しくはWikiでご確認ください。
 ちなみに、秋田港を拠点とする高速高機能大型巡視船 あそ型巡視船2番船「でわ」は時速約55km以上、乗員30名です。

R0000649.jpg
 船内には救命室もありました。

R0000656.jpg

R0000659.jpg

R0000670.jpg
 船首には35mm機関砲と、20mm機銃

R0000660.jpg

R0000665.jpg
 この日は、「ざおう」と共に、先日ご報告した「白山」も船川港に寄港しました。タイミング的に「ざおう」の一般公開と重なりました。

R0000672.jpg

R0000675.jpg
 船尾にはヘリコプター格納庫と飛行甲板があり、こちらも公開されていました。

R0000676.jpg
 ウインチは最大で240kgの重さまで引き上げられるそうです。

R0000679.jpg
 最近の計器類は電子化されているそうですが、このヘリコプターは製造後30年経過しているためいまだにアナログ計器なんだそうです。予算に限りがあるため、まだ現役で頑張ってるそうです。
 ヘリコプターは最大乗員9名だそうですが、これは一人当たりの体重を70kgとしての計算だそうです(乗員の方は厳しい訓練を積んでいるため、一人当たり70kg)。
 増設燃料タンクがあるため、連続飛行時間で約3時間半、飛行距離で片道約90マイル とおっしゃっておられました。

R0000682.jpg
 これも救助者を乗せて引き上げるための担架

R0000683.jpg
 自力歩行可能だったり軽傷な場合は、担架ではなくこのようなものを装着するそうです。

R0000684.jpg
 左に見える黄色い袋は救助時のロープで、約30mくらいの長さまで救助できるそうです。

R0000685.jpg
 ブイの中央部分です。現在はLED化されていて、この周囲を囲むようにソーラーパネルを装着するそうです。
 重しを付けたワイヤーが絡まないようにするための金具もありましたが、意外と軽かったです。

R0000686.jpg

R0000687.jpg

R0000688.jpg

R0000689.jpg
 ちょっと前のIHヒーターにも驚きましたが、こちらには食洗機?滅菌器らしきものが! 我が家の台所より進んでいます(笑

R0000693.jpg
 シャワー室じゃなくて浴室がありました。浴室の広さは長辺が約5m位だったと思います。だいたい3名くらいで入るそうです。


 一般公開の前日には体験航海が行われまして、そのときはヘリコプターを使った訓練の様子も見ることができたようです(港から見てもかなりの低高度でヘリが飛んでいるようでした)。

 秋田港でよく目にする「でわ」も見てみたいですね~。高速高機能大型巡視船という名前もですが、
 北朝鮮工作機関やテロ組織に関連する不審船を停船させ、または火力で圧倒することを目的として建造されたため、推進方式にウォータージェット推進を採用し、煙突をなくして舷側の穴から排気ガスを放出する野心的な設計で、速力は公称30ノット以上である。夜間においても捜索監視が可能な赤外線捜索監視装置、停船命令等表示装置(電光掲示板)、高い耐航性、機動力を有する高速警備救難艇を装備しているため、従来の巡視船よりも高度な水上監視・捜索能力を有する(Wikiより)。
いつか機会があったら行ってみようと思います。

 次回は、帆船「日本丸」と「海王丸」、海洋調査船「なつしま」の様子をお伝えします。

 船の一般公開も大詰めですよ~!

大型浚渫兼油回収船「白山」「清龍丸」 [秋田市]

R0000597.jpg
 『白山』は平成9年1月のロシアタンカー『ナホトカ号』油流出事故を契機に、日本海側での油流出事故への対応強化を図るため、平成14年8月、新潟港に配備されました。普段は新潟西港の水深を維持する浚渫作業に従事していますが、大量油流出事故の際は直ちに現場に駆けつけ、油回収作業にあたります(公式HPより)。

R0000588.jpg

R0000579.jpg

R0000558.jpg

R0000596.jpg

R0000585.jpg

R0000587.jpg
 「白山」には2種類の油回収装置があって、これは「舷側設置式」油回収装置。
 オイルフェンスを J型に張出し、大型の油回収装置を水面に降ろして油を回収するそうです。

R0000591.jpg
 もうひとつの「投げ込み式」油回収装置は、「集油ブーム」をU型に張り出し、その中に回収装置を投げ込み、油を回収するそうです。

 R0000592.jpg

R0000560.jpg
 甲板上に自転車がありました。なぜ?と尋ねたら、乗員が下船したときの足代わりだそうです。

R0000563.jpg
 一日の勤務は8時間なのですが、
  0時~4時の4時間勤務>4時~12時の8時間休憩>4時間勤務>8時間休憩なんだそうです。
 連続8時間に比べたら、もうちょっと頑張るか!と思えますよね。

R0000565.jpg
 船内には神棚が飾られていました。

R0000564.jpg

R0000566.jpg

R0000567.jpg

R0000568.jpg
 基本作業は全て自動化システムによる遠隔操作だそうです。

R0000570.jpg
 このレーダー。黄色いところが陸地で、黒いところが海なのですが、、

R0000571.jpg
 レーダー上の船舶のマークをクリックすると、船舶名や現在地、大きさ等のデータの他に、その船舶の目的地まで表示されるんです。ちなみにこの船は「きんゆうまる」で次の目的地がKNZ=金沢だそうです。

R0000575.jpg

R0000576.jpg
 通信士の方から丁寧なご説明をいただきました。
 以前は海上での通信はモールス信号で、資格を持った専任の通信士が乗船しなければいけなかったらしいのですが、衛星電話等の通信技術が発達した結果、通信士は兼任でもよい ということになったそうです。少しさびしいそうです><。




ここからは清龍丸
R0000624.jpg

R0000598.jpg
 1997年1月、日本海で発生した「ナホトカ号」の油流出事故で活躍した旧「清龍丸」の代替船として配備された大型浚渫兼油回収船です(公式HPより)。
 通常は、名古屋港で航路の「浚渫作業」を行っていますが、大量油流出事故が発生した場合「大型油回収船」として活躍します。

R0000612.jpg
 清龍丸は大規模災害発生時には「現場災害対策室」としても機能しうるよう、専用の会議室と衛星通信装置や各種電話、無線、映像受信装置を備え、後部にはヘリコプターデッキも備えています。 ということで船尾に設置されています。

R0000626.jpg
 ちなみに、この「プロペラ注意」っていうのはヘリコプターじゃなくて、船のスクリューのことだそうです。

R0000609.jpg

R0000613.jpg

R0000614.jpg

R0000615.jpg

R0000617.jpg
 なんと船内にはエレベーターもありました。

R0000618.jpg

R0000620.jpg
 このあたりは白山と似ていました。

R0000621.jpg
 応接室には

R0000622.jpg
 ご丁寧に秋田のものが^^

R0000623.jpg
 奥に見える額縁はナホトカ号のときの感謝状


R0000574.jpg 
 日本には、3隻の大型浚渫兼油回収船があって、48時間以内に、国内のどこへでも到着できる体制になっているようです。そのなかの2隻が並んで一般公開されていたんですね。
 しかも、この2隻、男鹿市にある国家石油備蓄基地で油回収訓練も実施したそうです。貴重なタイミングを逃してしまいました><。


次回は、船川港で公開された海上保安庁巡視船「ざおう」の様子をご報告します。
 

秋田県漁業調査指導船 千秋丸 [秋田市]

第6代千秋丸
R0000538.jpg

R0000520.jpg

R0000522.jpg
千秋丸の主な業務は、秋田県沖の海水温などの変動、水産資源の状況、沿岸域の環境の調査を行うとともに、教育機関と連携した体験乗船にも対応し、試験研究をはじめ水産業振興の一翼を担うこと だそうです(県HPより)

R0000525.jpg
 3D海底図等、5台のディスプレイが並んでいます。

R0000527.jpg
ラインホーラー
 延縄調査(マグロ・トラフグ等)で海中に入れた漁具を巻き上げる装置

R0000531.jpg

R0000534.jpg
 小さいドーム型のレーダーでしょうか

R0000537.jpg

R0000547.jpg
 気になる居住スペース。浴槽を設置するほど大きな船でもなさそうで、ユニット式のシャワー室がありました。

R0000548.jpg

R0000550.jpg

R0000553.jpg
一番驚いたのは、IHヒーター装備だということ!さすが最新式だ!?


7/15(月)は秋田港に「千秋丸」と大型浚渫兼油回収船「白山」「清龍丸」の3隻の寄港があり、一般公開されました。

次回は大型浚渫兼油回収船御三家(勝手に命名!)「白山」の様子をご紹介します。

海フェスタが始まりました [男鹿市]

R0000509.jpg
 金曜日までの土砂降りの雨が打って変わって、ブルーインパルス会場上空には青空が。
 今日はやるでしょ! と思ったたくさんのカメラマンや親子連れの方々。
 
 残念ながら、松島~男鹿間に停滞する梅雨前線の影響で、出発できずに中止となりました><
 9/9辺りに三沢基地航空祭があるはずなので、雄姿はそこまでお預けです。


 

安田海岸と西黒沢海岸 [男鹿市]

安田海岸
DSC07836-.jpg
 手前に小さく見えるのはカニ。
 砂浜を蛇行した海岸線が、三日月状の穏やかな流れの場所を形成し、子どもでも安心して水遊びできる場所もあったりします。

DSC07841.jpg
 安田(あんでん)海岸は、多種の化石、泥層や砂層、礫層そして火山灰層もある地層の博物館
 小学生から専門家まで見逃せないスポット

 典型的な傾斜不整合や、地層の傾きが下の地層ほど大きくなっている現象も確認できます。

DSC07846_1.jpg
 北は洞爺カルデラ。南は阿蘇山から飛んできた火山灰の層もあります。
 上の写真の灰色の層は石炭になりかけた植物の層(亜炭層)で、筋状の黒い層が阿蘇第1火山層だそうです。


西黒沢海岸
DSC07867.jpg 

DSC07872_1.jpg
 男鹿半島のなかで海で堆積した一番古い層(およそ1500万年前)が観察できます。
 波打ち際の平らな地面の層がかつての海底面だそうです。
 この段差。約15センチくらいあったりします。
 ここではホタテの仲間やウニ、大型有孔虫といった海の生物の化石をはじめ、松ぼっくりや木材などの陸の生物の化石も出てくるそうです。


DSC07874.jpg
 足元も探してみるとと、このような縞模様の石も発見できます。

 男鹿半島・大潟村ジオパークでは、まだまだ見どころいっぱいです。
 入道崎は男鹿半島で最も古い9000万年前の岩石を確認でき、全国的にも非常に珍しいマール湖も眺める八望台、おなじみ寒風山。日本第2位の湖を干拓した大潟村などなど。ふと撮影した写真が、実は珍しい岩石だったんだなんてこともしばしば。

 この夏は、ぜひ男鹿半島をご訪問ください。

西海岸をジオクルーズ [男鹿市]

DSC08629_1.jpg
水族館を海から眺めて

DSC08650.jpg

折り返し地点までは、基本的に進行方向向かって左側に奇岩等を見ながら進みます。

DSC08667.jpg
桜島のあたり。正面に見えるのが、リゾートホテルきららか。桜島の所以は、赤茶色い「桜島」という島があるからだったかと(この写真には見えませんが、さらに右側に・・・)

DSC08692.jpg
白糸の滝
 滝があるのですが、見えますかー?


ちょうど右側の亀裂のあたりに、、、

DSC08693.jpg
こんな滝があるのです。海からでないと確認できません^^;

DSC08699-1_1.jpg
大桟橋
 自然にできた岩の橋です。ちょっと小さな「小桟橋」というのもあります。
 大桟橋は小型の船であれば裏側に回り込むことも出来まして

DSC08705.jpg
 男鹿を代表する奇岩を間近で堪能できます。

P9120546.jpg
 一見、何の変哲もない岩ですが、よーく見ると中央あたりにナマハゲの顔のような模様が見えませんか。
 一緒に乗船したみんなで、名前のついていない奇岩を発見したわけです。ぜひ探してみてください。

DSC08717.jpg
孔雀(こうじゃく)の窟
 大桟橋とともに、ぜひご覧になっていただきたい名所です。エメラルド色の水面と、赤い線の入った岩石からなる絶景です。

P9120567.jpg 
 ここも、小型の船であれば奥まで進むことができます。奥にはなんと小型船を停めれるくらいの場所もあるんだとか。

DSC08730.jpg
陸地からでは分からない、こんな大きな赤茶けた岩場を見ることもできます。

DSC08740.jpg
門前大滝と竜ケ島
 竜ヶ島は竜が天に昇っていくように見えることから名付けられましたが、昭和14年の男鹿大地震で竜の首にあたる部分が落下し、形が変わってしまったそうです。

 水族館から門前までとなると1時間半ほどになるのですが、存分に奇岩を堪能できると思います。
 ご利用の際は、(もし叶うならば)比較的小型の遊覧船をご利用されることをお勧めします^^


 

男鹿市西海岸を走ろう! [男鹿市]



船川港から水族館に向かうルートは見どころたくさんの、ドライブおすすめルートです。
ざっと挙げると
 ・鵜ノ崎海岸
 ・金崎
 ・館山崎
 ・帆掛島、ゴジラ岩(潮瀬崎)
 ・五社堂(門前)
 ・大桟橋
 ・カンカネ洞(加茂青砂)
 ・桜島
 ・水族館

すんごいですね~。これだけで1日かかります。「男鹿半島ジオサイトマップ」や、男鹿なびをほぼ転載してご説明します><

続きを読む


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。